立体写真デジカメで遊ぼうへ      パノラマ風景写真で観光する大分県へ  
凧から空撮ホームページへ      ブログ凧と空中散歩の天体写真カテゴリーへ

星空の撮影

天体写真を撮影しよう (70歳越えてからの挑戦)

    星は、肉眼で見るより、写真の方が、絶対美しい!

天気予報 GPV ◀▶ で予報を見られます
 目次

1.APS-Cカメラで撮影した天体写真

2.EOS6Dで撮影した天体写真

3.ナノ・トラッカーで撮影した天体写真

4.三脚固定撮影で撮影した天体写真

5.星を点像に写すための自己流工夫

6.自分のブログの天体カテゴリーとリンク
    
M42散光星雲 星を写そうと2014年に天体写真撮影を始めました
今まで撮影した天体写真集です
使用カメラはキャノンの EOS KissX
赤い散光星雲を写せるように
天体用に改造したカメラを主に使用


右の写真は自分で撮影してみた
オリオン大星雲M42です
SWAT-350とシグマズームレンズ
600ミリ望遠側で2017年12月撮影

小型赤道儀とデジタル一眼レフカメラを用意する

昔に比べれば 今はデジタル時代です フィルムの現像代も気にしなくてよく
カメラも高感度になり パソコンで画像処理できるいい時代になったのです。
画像処理には ステライメージ というソフトがおすすめです コンポジットという合成で
短時間に撮影した複数枚撮影した天体画像を重ね合わせるというデジタル技術が利用できる
事がわかり 70歳過ぎた今頃になり 再び星空撮影に挑戦してみましたが
画像加工ソフトでレタッチするのが難しく まだまだです。
私は主にペイントショッププロというソフトを画像加工に使っています。

レンズは 中古で数種類購入しました 主に使うのは70-200 F2.8のズームレンズと
最近300ミリF4も購入 多分これらは古いタイプです
そのほか昔のタイプのエクステンダーも中古品で購入していますので光学系あまり良くない

2014年の3月にユニテックのSWAT-350という赤道儀を購入しました
値段は高いのですが搭載可能重量が15kgもあり 小型望遠鏡を搭載可能です
赤道儀は星空撮影に必ず必要です 今ではこれで充分と大変満足しています

2018年7月から10万円以内で買えるスカイウォッチャーのEQM-35proという
10kgまで搭載可能な天体自動導入が出来る小型赤道儀も買って使ってみたが
操作が面倒だった。

SWAT-350ポータブル赤道儀
大型ウォームギア歯数210枚使用
EQM-35pro小型赤道儀
赤経ウォームギア歯数180枚使用
2016年6月末にシグマ望遠レンズ150ミリ~600ミリを購入


 さすがにこの600ミリレンズを5分間以上自動ガイドで使うのは難しいと感じ
パソコン要らずで使えるオートガイダーM-GENを2016年7月になって購入
     
天体写真を始める前から所有していたキャノンEOS6Dを天体写真用に2018年2月になりHKIR改造してもらった
 下のカメラが改造してもらったEOS6D(フルサイズカメラ)
2018年7月中旬 EQM-35pro小型赤道儀を使ってみたが
日時を入力したり3つの恒星でスリースターアライメントの必要があったり
面倒に感じて 結局最初から使っているSWAT-350ポータブル赤道儀を
使う事にした 自分なりに改良した使い方を始めたばかりである(撮影1018年7月15日)

標準レンズ以下ならもっと価格の安い赤道儀でもOK

2017年の2月に小型のナノ・トラッカーという
小型で安価なポータブル赤道儀も購入してみました

標準レンズまでならこのような簡単な
ポータブル赤道儀も結構使える事が
わかりました

天の川とか星座写真を撮るのには使える性能です

 上のような小型のナノ・トラッカーでも標準レンズ以下の焦点距離の撮影には有効です
35ミリレンズでオリオン座付近を撮影してみました ISO1600 90秒露出を10枚合成

その他自分が作っているホームページなどへのリンク

立体写真デジカメで遊ぼうへ      パノラマ風景写真で観光する大分県へ  

凧から空撮ホームページへ      ブログ凧と空中散歩の天体写真カテゴリーへ

禁 写真無断転載使用 管理人      お問合せなど

2017年2月18日より累計: 本日: 昨日: