ホームへ戻る   SWAT赤道儀で撮った写真  三脚固定で撮った写真  自分流の工夫

以下はナノ・トラッカーを使って撮影した星空写真集

2017年2月ナノ・トラッカーを15000円くらいで新品を購入してみた
どこまで天体追尾撮影に使用できるか現在試験中
10枚くらい撮影し天体画像ソフト「ステライメージ」でコンポジットしています
使用赤道儀はナノ・トラッカーを使った天体写真を掲載します 使用カメラは「キャノンX7i」 天体用に改造したカメラ

ナノ・トラッカーでは標準レンズ以下の焦点距離が推奨されていますが 自分はキャノンEOSのXシリーズカメラ用EF-S18−55 EF−S55−250 の2本のダブルズームレンズキットのレンズで撮影してみるつもりです

すなわち18〜250ミリの焦点距離で撮影してみます
ナノ・トラッカーで使うカメラは軽い事が重要 このような標準ズームレンズが最適だが
キャノン55−250ズームレンズまで使用できた 望遠レンズでは極軸をなるべく正確に合わせる
禁無断転載  Copyright(C) M.Shiga AllRights Reserved

順不同 以下の写真はクリックすると大きな写真が出ます

さそり座付近の天の川 2017.8.12 35mm
白鳥座付近の天の川 2017.8.12 35mm
冬の大三角 2017.2.27 24mm
シリウスとM41 2017.2.25 105mm
かもめ星雲 2017.2.25 105mm
オリオン座三ツ星付近 2017.2.25 105mm
カノープス 2017.2.27 24mm
冬の大三角 2017.2.13 18mm
オリオン座 2017.2.18 55mm
馬頭星雲とM42 2017.3.17 250mm
しし座 2017.3.27 24mm
北斗七星 2017.3.27 24mm
天の川 2017.4.2 15mm
おおくま座 2017.4.3 18mm

 標準レンズでは星像が小さいのでソフトフィルター使用もいい

広角で撮影した冬の三角とオリオン座(ソフトフィルター使用)

ほぼ全天が写りそうな超広角レンズ15ミリとフルサイズデジタル一眼で撮った空



立体写真デジカメで遊ぼうへ      パノラマ風景写真で観光する大分県へ  

凧から空撮ホームページへ      ブログ凧と空中散歩の天体写真カテゴリーへ